鳴門市賀川豊彦記念館

The Naruto City Kagawa Toyohiko Memorial Museum

 鳴門市賀川豊彦記念館は、賀川豊彦鳴門記念館設立を目指す会・賀川豊彦鳴門記念館建設実行委員会の活動により、3千人近くの方々のご寄付を頂いて、徳島県鳴門市大麻町に2002年春に完成し鳴門市へ寄贈されました。多くの方々のご支援を頂き、苦節6年の末の民間だけによる記念館の建設で、内外装とも豪華とはいえませんが、いわば手作りの温かみのある記念館であると自負し、ここに多大なご支援を頂きました皆様方に心より厚く感謝とお礼を申し上げ、またぜひ一度ご来館をお願い致します。 

 

 

       行事中止のお知らせ!

  8月  6日 平和祈念朗読会(午前)、読書会(午後)

  8月  7日 城戸久枝氏特別講演会

  8月13日 絵本の読み聞かせ会

 上記のイベントは、コロナの急速拡大のため中止とさせていただきます。まことに申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

       認定NPO法人 賀川豊彦記念・鳴門友愛会

 

 3巻そろいました。 

 

『死線を越えて』中巻・下巻復刻改訂版刊行事業のクラウドファンディングによる寄付募集は、6月30日で終了いたしました。目標額に、わずかに到達できませんでしたが、多くの方々のご協力をいただきました。誠にありがとうございました。

送金額の確認や返礼品の発送等、事後作業に約1か月を要しますので、しばらくお待ちください。追って、詳しいご報告をいたします。 

        お知らせ

 先日3月21日、13:30より鳴門市賀川豊彦記念館玄関前にて、「鳴門市賀川豊彦記念館創立20周年を祝う集い」が開催されました。来賓として鳴門市長泉理彦様と賀川豊彦のご令孫冨澤康子様がご列席され祝辞を賜りました。また、徳島県知事飯泉嘉門様他から祝電・祝文を頂戴しました。ありがとうございました。お陰様で心に残る素晴らしい集いができました。

 これかも賀川豊彦の偉業を顕彰するために理事長を中心に努力して行きたいと思います。最後になりましたが益々のご支援ご協力をお願い申し上げます。  20220325

      お知らせ!! 

 

 NPO法人賀川豊彦記念・鳴門友愛会が6月2日、念願であった認定NPO法人に認定されました。6月2日、徳島県庁3階知事室にて認定書が徳島県知事飯泉嘉門氏より岡田健一副理事長(館長)に交付されました。

 これを機に、私たち会員は身を引き締めて賀川豊彦の顕彰に邁進して行く決意です。

 今後ともなお一層のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

 

                20210604

        新型コロナウイルスなどの感染予防について

新型コロナウイルスなどの感染予防のため、ご来館の皆様には以下のような

ご協力をお願いいたします。

 〇発熱・咳・全身痛等の症状のある方や体調にご不安のある方はご来館を

  お控えくださいますようお願いいたします。

 〇賀川豊彦記念館入口にアルコ-ル消毒液を用意しておりますので、ご入館時

  の手指の消毒をお願いいたします。

 〇ご来館されます方は、マスクの着用をお願いいたします。

       お知らせ

今まで公開されていない賀川豊彦の扁額が展示されています。写真より実物は迫力があります。皆様のご来館をお待ちしております。

扁額の内容は以下のとおりです。

「野の百合を見よ ソロモンの栄華の極みだに

 その装い この花の一つに及ばざりき

 一九四六・九・一〇 トヨヒコ」

 この扁額は徳島市在住の田中公代様よりお借りしています。

 

               20200804

 

            ~周辺ルポ~ 

  今日は12月3日です。早いもので今年も師走となりました。久しぶりに四国八十八カ所一番札所霊山寺へ足を運びました。今朝は少し肌寒いですが日本晴れで気持ちよく散歩できました。

 左の写真にあるようにモミジの紅、ツバキの白、イチョウの黄色の美しいコントラストに心が惹かれるとともに、自然美に感謝したい気持ちになりました。

  

                                                 

               モミジの花言葉 :美しい変化 遠慮 大切な思い出

              白ツバキの花言葉:完全な美しさ 至上の愛らしさ

              イチョウの花言葉:荘厳 長寿 鎮魂

                                                                  撮影:20211203

            ~周辺ルポ~ 

  今日は11月1日です。阿波国の一の宮「大麻比古神社」の秋祭りです。残念ながら今年も自粛モード祭りとなりました。この日は雨が降らないと古来から言い伝えられています。確かに大麻山の頂上は雲に隠れていますが、雨は降ってません。ところで時刻は7時45分です。

 秋の黄色い花でをしている植物といえば、セイタカアワダチソウですね。奥に大麻比古神社へ続く朱い「はらいかわはし」がかすかに見えますね。この野草のように今日一日、元気な気持ちで頑張りましょう。

  

                            花言葉:元気 生命力

                                                     撮影:20211101

            ~周辺ルポ~ 

  今日は10月1日です。台風16号の影響でしょうか北風が少し吹いて、空は曇っています。

 本格的な秋の季節になり、いつもの散歩コースにコスモスの花が風に吹かれて揺れています。やはり秋の花はコスモスですね。ここ鳴門市では「友愛の花」として有名です。詳しくは「ドイツ館」へ行けばそのいわれが解りますよ。

  コスモスの およそ百輪 色同じ

            (秋櫻子)

                                                                       花言葉:乙女の真心 調和 謙虚

                

                                  撮影:20211001

                 ~周辺ルポ~ 

 9月に入って2日目です。少し小雨が降っていますが、阿波一宮の大麻比古神社参道を早朝のウォーキングをエンジョイしています。大鳥居から本殿まで約1キロの道のりで、往復30分程度かかります。参道には楠や杉、石灯篭(110まで数えられました)などが私たちを迎えてくれます。10人ほどのシニアの片方が広場でグランドゴルフに熱中しています。

 コロナ禍で日本も大変ですが、病気にかからないように免疫力を高めるのも大切ですね。適度な運動で無理をせずにまずは体力づくりを始めませんか?

                            

                                撮影:20210902

                     ~周辺ルポ~ 

 8月も今日で15日、76回目の終戦記念日ですが、全国戦没者追悼式への参列者は最小のようです。これも新型コロナウイルスの影響でしょう。また西日本、特に九州地方では豪雨被害です。はやく日常生活が戻るようにと祈っております。

 さて、当記念館南庭園にアオギリが1本立っています。このアオギリは広島市で被爆したアオギリ2世です。2015年5月に植えられました。成長が早く元気にすくすくと育っています。アオギリを見るたび平和の大切さを痛感させられます。

                          花言葉 神秘な意志 神秘な恋

                                         撮影:20210815

                   お知らせ!!

2019年8月1日からリードオルガンが当館2階大会議室に展示されています。寄贈者は、滋賀県長浜市の朝日教会牧師の坂井虔氏です。この教会は賀川豊彦もよく訪れた由緒ある教会です。

メーカーはヤマハで1953年モデルです。「黒帯オルガン」の愛称で有名です。音色もきれいで賛美歌の演奏にもってこいです。実際に足を運んでご覧ください。お待ちしております。

 

 「絵本の読み聞かせ会」 毎月第一土曜日開催 10:00-11:30

       次回 9月3日(土)

    

 「友愛読書会」  毎月第一土曜日開催 13:30-15:30   

        次回 9月3日(土)

 

 

 

 

The Life of Toyohiko Kagawa in English


愛は、私の一切である

 

 友愛・互助・平和のために生涯を捧げ

 

ノーベル平和賞候補に4度

 

ノーベル文学賞候補に2度

 

ノミネートされた偉人

 賀川豊彦(1888-1960)