鳴門市賀川豊彦記念館

The Naruto City Kagawa Toyohiko Memorial Museum

 鳴門市賀川豊彦記念館は、賀川豊彦鳴門記念館設立を目指す会・賀川豊彦鳴門記念館建設実行委員会の活動により、3千人近くの方々のご寄付を頂いて、徳島県鳴門市大麻町に2002年春に完成し鳴門市へ寄贈されました。多くの方々のご支援を頂き、苦節6年の末の民間だけによる記念館の建設で、内外装とも豪華とはいえませんが、いわば手作りの温かみのある記念館であると自負し、ここに多大なご支援を頂きました皆様方に心より厚く感謝とお礼を申し上げ、またぜひ一度ご来館をお願い致します。 

  


 

徳島限定ク-ポン「徳島で得するケン(券)」(徳島限定ク-ポン)をご利用いただけます。

...........................................................

2020年8月1日から「徳島で得するケン(券)」(徳島県限定ク-ポン)をご利用いただけます

...............................................................................................................................

        新型コロナウイルスなどの感染予防について

新型コロナウイルスなどの感染予防のため、ご来館の皆様には以下のような

ご協力をお願いいたします。

 〇発熱・咳・全身痛等の症状のある方や体調にご不安のある方はご来館を

  お控えくださいますようお願いいたします。

 〇賀川豊彦記念館入口にアルコ-ル消毒液を用意しておりますので、ご入館時

  の手指の消毒をお願いいたします。

 〇ご来館されます方は、マスクの着用をお願いいたします。

 NPO法人賀川豊彦記念・鳴門友愛会 第2回理事会(ご案内)

  日時 2021年3月20日(土) 13:30~15:30

  会場 鳴門市賀川豊彦記念館2階大会議室

  議事(予定) 

     1号議案 当記念館運営状況について

     2号議案 鳴門市賀川豊彦記念館創立20周年記念事業について

     3号議案 認定NPO法人への確定申請について

     4号議案 その他

  

       お知らせ

今まで公開されていない賀川豊彦の扁額が展示されています。写真より実物は迫力があります。皆様のご来館をお待ちしております。

扁額の内容は以下のとおりです。

「野の百合を見よ ソロモンの栄華の極みだに

 その装い この花の一つに及ばざりき

 一九四六・九・一〇 トヨヒコ」

 この扁額は徳島市在住の田中公代様よりお借りしています。

 

               20200804

 

     ~花だより~

 

 記念館の玄関入口で藍の花が咲いて、います。ご来客の皆様にお辞儀をしています。原産地は東南アジアや中国だそうです。可憐でピンクの花をしています。秋の花の代表各のようです。

 ご存じのように阿波は昔から藍染めで国内外で有名です。ジャパンブルーの美しさは筆舌に尽くしがたいですね。是非とも愛の花を観に来てください。

 

                               花言葉:美しい装い

                                   

                                     撮影:20200922

     ~花だより~

 

 記念館の東にクルミの木が2本あります。5月には花が咲きますが、クルミの実は今頃が最盛期です。なぜ記念館にクルミの木が植わっているかは賀川豊彦先生の提唱する「立体農業」に関係があります。詳しいことは記念館においでくださればご納得いただけるでしょう。

 クルミの実を食べると脳の活性化にとてもよいという研究があるそうです。

 

     花言葉:知性 謀略 知恵 野心

                                   

                                     撮影:20200903

              ~花だより~

 

 記念館の東庭園にゴーヤの黄色い花が咲いています。緑の実も2,3本ぶら下がっています。

別名「ニガウリ」として知られ、沖縄ではゴーヤチャンプルに欠かせない食材です。またビタミンCなど栄養価が高い野菜です。夏バテには

もってこいの野菜ですね。

 

     花言葉:強壮

         

             撮影:20200818

     ~花だより~

 

 記念館の東庭園にオリーブの実がなりました。このことは非常に珍しいことです。実を結ぶには多量の水が欠かせないそうです。秋には収穫してオリーブ漬けなどと楽しみにしています。

 

     花言葉:平和 知恵 

         

             撮影:20200801

●鳴門市賀川豊彦記念館オルガン寄贈コンサートが12月8日に開催されました。第1部は朝日教会牧師坂井虔様のお嬢様の坂井由希子様から賀川豊彦と朝日教会についての素晴らしいお話があり、次にコンサートがありました。「アヴェ・マリア」や賀川先生の大好きな賛美歌「神に近づかん」などが披露されました。また参加者も「浜辺の歌」など童謡を共に歌いました。賀川豊彦にまつわるオルガンということで、約170名もの参加者があり、大盛況でした。

 左写真は声楽家の上野美貴先生とオルガン演奏家の園元千鶴先生です。

                       撮影:20191208

                   お知らせ!!

2019年8月1日からリードオルガンが当館2階大会議室に展示されています。寄贈者は、滋賀県長浜市の朝日教会牧師の坂井虔氏です。この教会は賀川豊彦もよく訪れた由緒ある教会です。

メーカーはヤマハで1953年モデルです。「黒帯オルガン」の愛称で有名です。音色もきれいで賛美歌の演奏にもってこいです。実際に足を運んでご覧ください。お待ちしております。

 

●令和2年7月豪雨災害義援金のお礼と報告

 1 募金額 14,600円

 2 送金先 徳島県令和27月豪雨災害義援金  

                  徳島県知事 飯泉嘉門 様

 3 送金日 2020(令和2)年9月24日

 「絵本の読み聞かせ会」 毎月第一土曜日開催  

    次回は2020年10月3日(土)です。

 「友愛読書会」  毎月第二土曜日開催     

        次回は2020年10月10日(土)です。

 

 

 

 

The Life of Toyohiko Kagawa in English


愛は、私の一切である

 

 友愛・互助・平和のために生涯を捧げ

 

ノーベル平和賞候補に4度

 

ノーベル文学賞候補に2度

 

ノミネートされた偉人

 賀川豊彦(1888-1960)