鳴門市賀川豊彦記念館

The Naruto City Kagawa Toyohiko Memorial Museum

 鳴門市賀川豊彦記念館は、賀川豊彦鳴門記念館設立を目指す会・賀川豊彦鳴門記念館建設実行委員会の活動により、3千人近くの方々のご寄付を頂いて、徳島県鳴門市大麻町に2002年春に完成し鳴門市へ寄贈されました。多くの方々のご支援を頂き、苦節6年の末の民間だけによる記念館の建設で、内外装とも豪華とはいえませんが、いわば手作りの温かみのある記念館であると自負し、ここに多大なご支援を頂きました皆様方に心より厚く感謝とお礼を申し上げ、またぜひ一度ご来館をお願い致します。 

 

................................................................................................................

とくしま周遊クーポンをご利用いただけます。

事業実施期間/令和3年3月1日(月)から令和3年5月末まで

................................................................................................................

        新型コロナウイルスなどの感染予防について

新型コロナウイルスなどの感染予防のため、ご来館の皆様には以下のような

ご協力をお願いいたします。

 〇発熱・咳・全身痛等の症状のある方や体調にご不安のある方はご来館を

  お控えくださいますようお願いいたします。

 〇賀川豊彦記念館入口にアルコ-ル消毒液を用意しておりますので、ご入館時

  の手指の消毒をお願いいたします。

 〇ご来館されます方は、マスクの着用をお願いいたします。

                 お知らせ‼

 鳴門市賀川豊彦記念館創立20周年記念事業統一テーマが決定されました。

 

 「時代は、賀川豊彦のめざした❝友愛・互助・平和❞を求めている」

       ~コロナ禍後の新しい社会の創造~

                           

                            20201015  

       お知らせ

今まで公開されていない賀川豊彦の扁額が展示されています。写真より実物は迫力があります。皆様のご来館をお待ちしております。

扁額の内容は以下のとおりです。

「野の百合を見よ ソロモンの栄華の極みだに

 その装い この花の一つに及ばざりき

 一九四六・九・一〇 トヨヒコ」

 この扁額は徳島市在住の田中公代様よりお借りしています。

 

               20200804

 

              ~周辺ルポ~

 

 当記念館の北側に「第九の庭」があります。今タンポポの花が顔を出し、太陽の光を満喫しています。とても嬉しそうです。有名な「たんぽぽの歌」(1976 詞:門倉訣 曲:堀越浄 歌:芹洋子)を紹介します。

   雪の下の故郷の夜 冷たい風と土の中で

  青い空を夢に見ながら 野原に咲いた花だから

どんな花よりタンポポの 花をあなたに贈りましょう
どんな花よりタンポポの 花をあなたに贈りましょう

 

花言葉:愛の神託 真心の愛 別離

                                      撮影:20210409

             ~周辺ルポ~

 

 いよいよ新年度がスタートです。

 周辺の桜は満開を迎えています。左の写真には大麻山が丸い顔を覗かせていますよ。

 桜にまつわる俳句をご紹介します。

 さまざまの 事思ひ出す 桜かな(芭蕉)

 行く春や 白き花見ゆ 垣の隙(蕪村)

 櫻花 何が不足で ちりいそぐ(一茶)

 

花言葉:精神美 優美な女性 純潔

                           

                                    撮影:20210401

     ~周辺ルポ~

 Spring has come!  黄水仙が顔を出し始めました。英国詩人ワーズワース(1770~1850)の「The Daffodils(黄水仙)」を紹介します。 

I wander'd lonely as a cloud/That floats on high o'er vales and hills,/When all at once I saw a crowd,/ A host of golden daffodils,/ Beside the lake, beneath the trees/ Fluttering and dancing in the breeze.

  谷また丘のうえ高く漂う雲のごと/われひとりさ迷い行けば/ 折りしも見出たる一群の/黄金色に輝く水仙の花/湖のほとり、木立の下に/微

                        風に翻りつつ、はた、踊りつつ。

                                      (田部重治訳)

                      花言葉:もう一度愛してほしい 私のもとへ帰って

                                                       撮影:20210312

    ~周辺ルポ~

 

 春を代表する花、ミモザが満開です。徳島新聞にも載りましたが。当記念館から南東、徒歩で15分の県道脇に立っています。左の写真には

大麻山も映っています。

 オーストラリアが原産のようです。アカシアとも呼ばれています。

 今が盛りです!!一度足をお運びください。

                                                        正に「百聞は一見に如かず」です。

 

 

                      花言葉:秘密の恋 感謝 思いやり 友情 優雅

                           

                                    撮影:20210301

                   お知らせ!!

2019年8月1日からリードオルガンが当館2階大会議室に展示されています。寄贈者は、滋賀県長浜市の朝日教会牧師の坂井虔氏です。この教会は賀川豊彦もよく訪れた由緒ある教会です。

メーカーはヤマハで1953年モデルです。「黒帯オルガン」の愛称で有名です。音色もきれいで賛美歌の演奏にもってこいです。実際に足を運んでご覧ください。お待ちしております。

 

●令和2年7月豪雨災害義援金のお礼と報告

 1 募金額 14,600円

 2 送金先 徳島県令和27月豪雨災害義援金  

                  徳島県知事 飯泉嘉門 様

 3 送金日 2020(令和2)年9月24日

 「絵本の読み聞かせ会」 毎月第一土曜日開催 10:00-11:30  

    次回は2021年5月1日(土)です。

 「友愛読書会」  毎月第一土曜日開催 13:30-16:00    

        次回は2021年5月1日(土)です。

 

 

 

 

The Life of Toyohiko Kagawa in English


愛は、私の一切である

 

 友愛・互助・平和のために生涯を捧げ

 

ノーベル平和賞候補に4度

 

ノーベル文学賞候補に2度

 

ノミネートされた偉人

 賀川豊彦(1888-1960)